Monthly Archives: 5月 2018

早めに売る

昔はおもちゃのカードといえば、特撮ものかアイドルのものが基本でした。現在でも、古いものには驚くほどの価値が出てきます。カードダスのような時代の前のものですが、欲しいと思う人がいるからこそ、そこまでの金額で取引されているといえるでしょう。

売るカードダスが主流となり、取り引きされる方法もだいぶ変わってきました。遊んでいるユーザーの数も増え、それだけの需要も生み出してきていることから、カードの買取りも盛んにおこなわれています。需要と供給のバランスですが、こうしたおもちゃに関して言えば、普遍の価値があるかどうかといえば、多くの人が遊ばなくなれば、価値はあっという間に急落します。流行のカードもありますし、うまくいかなかったものもあるでしょう。ゲームとしてのカードの価値を失ってしまうと、コレクションとしての価値になってきます。そうなると、価値は上がってこない可能性が高いといえるでしょう。

いらないと思いたっときには、早めに売ることがポイントです。需要がなくなれば、ゲームのカードとしての価値を失ってしまうからです。早めに査定に掛けることで価値を維持できますので、もう遊ぶこともないからいらないと思ったときがポイントになるでしょう。

そしてカードダスを査定に出す時の一番のポイントは買取業者にカード知識があるかどうかです。人気の高いレアカードや数の少ないシリーズカードなどの価値がきちんと分かる鑑定士がいる買取業者を選ぶようにして下さい。こうした知識があるかないかで査定金額は大きく変わってきます。

カードダスを売るときに一番重要なポイントは、買い手の「カードの知識」。
コレクター人気の高いレアカード、流通量が少ないシリーズなど、それぞれのカードやシリーズの価値を知っているか否かで、査定金額も大きく変動いたします。

いらないと思ったら、早めに売る、そして価値のわかる業者へ査定を依頼する、この二つを意識して覚えておくようにしましょう。

トレーディングカード

トレーディングカードトレーディングカードは、コレクション性だけで取引される時代ではなくなりました。ゲーム性が中心となり、さまざまな種類が利用されるようになったことで、市場が成立していったのが大きなポイントです。カードは組み合わせでデッキと呼ばれる手札になっていきます。持っていないものは使えないのですから、需要が発生することになるでしょう。

中には必須と呼ばれるものもありますし、希少性の高さから切り札として使われていくものもあります。定番となっているようなものは、数がありますので、そこまでの価値がありませんが、切り札になるようなものは、もともと数がないため希少性の高いものとなります。そうなると、驚くほどの価値が出てくるようになるため、買取りに出しても驚くような値段がつくようになりました。

カードダスでも購入できるものですが、希少性のあるものは、購入金額の10倍以上も珍しくありません。遊んでいない人には理解できないほどの金額がつけられているものもたくさん存在します。どうしても価値を見極めるのは難しいのは、どれぐらいのユーザーがいるのかによっても違うからです。そんなカードが余っているときには、まずはサイトで調べてみるといいでしょう。高額だとわかってから査定にかけても遅くはありません。しかし、なるべく調べ終わったらは価値が下がる前に早めに売るようにしましょう。

おもちゃのカード

カードの歴史は、かなり古いものです。おもちゃとしても、子供たちに愛されてきたもので、さまざまなかたちで販売されるようになりました。今でも珍しいどころか、盛んに販売されるようになりましたが、カードダスのようなかたちをとり始めたのは、1980年代後半のことです。自動で販売できる形を取りはじめ、大ヒットを見せるようになりました。当時は、ただのコレクションアイテムであり、いかにそろえるのかがポイントになってきたことで、盛んに交換もおこなわれていた時代です。もともと、食玩的な部分があったものが、カードのコレクションとして独立した部分が強かったでしょう。これが現代では大きく変わっていきます。

カードダスカードダスでも、カードにゲーム性が付加されるようになりました。もともとこうした機能は持っていましたが、どちらかといえば、トランプやじゃんけんの代わりに使われるようなレベルとしての商品だったでしょう。現在では、トレーディングカードとして大きく変わり、専用のゲームとして成立するようになったのは大きな違いです。希少性の高いカードは、それだけで大きな価値を持つようになり、カード単体で取引されるようになりました。これも海外のトレーディングカードのブームにも影響された部分があります。

カードダスを含め、見ただけでは価値がわからないことも多いのが、おもちゃの中でもカードです。実はびっくりするような価値がある場合もありますので、このサイトを参考にしながら査定を考えてみてはいかがでしょうか。